ネットで知りあって初めて出会う時の心構え

ミクシーやフェイスブックなどのソーシャルネットワーキングで知り合った人や出会い系やコミュニティーサイトなどのコミュニケーションツールで知り合った人と実際にリアルで出会う時に気を付けたい事は山ほどあります。

ネットの中では何か月もメッセージのやり取りやチャットをしていて仲良くても実際に会って話すのは抵抗もあるでしょう。

もし多少なりとも嘘をついていた場合は実際に出会う事は難しくなってしまうので、性別を偽っていたり職業を偽ったりするのは後々困るのでやめておきましょうね。

 

もちろん住んでいる地域も重要で、もし近くに住んでいる人がいて会話についていけなければ疑わしいと思われてしまいますよね?

最低限出会う事を考えて住んでいる地域や生まれた地域、性別は偽らないようにしておきましょう。

では実際にリアルで会う事になったオフ会をする事になった場合を想定して考えて行きましょう。

 

SNSなどで知り合ってグループで出会う場合

ソーシャル系で仲良くなって実際に皆と会う事になるのは良くある事です。

ネットでの呼び名でもあるハンドルネームは恥ずかしくないようなネーミングにしておく事が大切です。

実際に会った時もネットでの呼び名で呼び合うのがオフ会の醍醐味でもあるので、名前をいわれるたびに恥ずかしくなるようなネーミングは付けないようにして下さいね。

 

ミクシーが大人気だった頃に同じコミュニティーに属していて近くの地域に住んでいたら何度か実際にオフ会を経験した方もあるでしょう。

皆で集まって飲みに行くのが基本なのですが現地集合なのか分かりやすい駅前などで集合するのかも重要です。

出来れば初めて会ったら話が弾むと思うので大勢で歩きながら話すのは無理があるので、現地集合にした方が無難でしょう。

 

コミュニティで知り合って1対1で出会う場合

出会い系で知り合った男女が初めて会う場合は、女性だけでなく男性も心配事があります。

中には美人局と言う出会い被害もあるので男性も気を付けた方が良いでしょう。

 

まず一番重要なのは人が多い街、場所で待ち合わせする事です。

始めて実際に会うと言っても写真の交換はしているはずですし、携帯電話があれば問題なく出会えるでしょう。

そして一緒に行く飲食店なども有名なお店にしましょう。

誰も知らないような雑居ビルの個人店舗のお店に誘われた場合は注意して下さいね。

とにかく周りに人が大勢いれば変なトラブルに巻き込まれる事もないでしょう。

メジャーな場所であって有名なお店に行くようにして下さい。